Yoshiのつぶやき。

今日のChez Yoshiは…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生きるということ。

休みの日、雨が降ってるとき、皆さんはどう過ごしてますか?
テレビを見ますか、ビデオ借りてきますか、映画館や美術館に行きますか、車で食事にでかけますか、家でダラダラすごしますか?
雨の日は気分が暗くなりますか?

僕は雨のたびに、ある友達の事を思い出します。
彼は僕にこう言いました

『ヨシ、人は生まれながらに平等じゃない。家庭が貧しかったりたり、裕福だったり、容姿が劣ってたり、かっこよかったり、肌の色が白だったり、黒だったり。
でも、世界中、誰にでも平等なものが一つある。
時間の早さだ。
アフリカのジャングルで過ごすインディアンにっとっても、ニューヨークの高層ビルの中で、一日過ごす人にとっても、一日は24時間やし、一時間は60分で、一分は秒針が一回転したらだ。
だから何をしていても、勝手に時間が、早く過ぎ去っているなんてことはない。それをするという事を、ヨシおまえ自身が選択してるんや。
一時間テレビ見てたんやったら、お前がテレビ見ることで、秒針が60回、回転させることを選択したということや。そういう自分の1分の選択の積み重ねが、一時間になり、一日になり、一年になり、積り積もって、人生になるんや。』って。

かっこよくないですか~?(笑)
さすがヨーロピアンやよな(笑)
 
このときはそうでもなかったんやけど、この言葉後になってから、だんだんと心に響いてきて。
特に日本に帰ってきて、お店するまでの7ヶ月間って、ほんと一日の拘束がなんもなくて、下手したら一日なんもせんでも、時間だけが過ぎていく感じだって。
あまりにも自由すぎて、30歳で無職という自分の境遇に怖くなったときに、よくこの言葉の意味をかみしめてたんですよ。

時計の秒針をずっと見つめながら、飯も食わずに、ずっとフランスから持って帰ってきたCDを聞きながら、時々、おかんに

『あんた大丈夫?気晴らしに外でも行ったら?』

と心配されつつも、心の中で、

『うるさい、俺は今何もせえへんことを選択してんねん。この一分を、一時間を、秒針を見ながら過ごしてんねん』って黙ってました。

普通に怖いですよねえ、なんも言わへんそんな息子(笑)

でもね、今それがあったから、今日があると思ってるんですよ。
日常生活していて、なかなかないでしょ、そんなことできる時間?

僕いまだに、雨が降ったときに、時々やるんですよ、これ。
皆さんも是非一度やってみてください。
10分でもいいです。ただただ、ずっと時計の秒針を見つめていてください。
意外に長いなあ、一分って、10分って、ってきっと思うはずです。

そうしてたら、なんか元気になってくるんですよ。時間って結構あるやんって。
仮に一日ダラダラ過ごしたとしても、
『今日はこんなに長い間ダラダラ出来た。充実したなあ』
って絶対思うはずです。
あるいは、『明日10分早く仕事から帰ってこれたら、あれをしよう』とか、自然に思いますよ、きっと。

要約すると『時は金なり』っていう、なかなか心まで届きにくい言葉になるから嫌なんですけど、だまされたと思って、10分だけ何も考えずに、ただ秒針を見つめてみてください。
生きるっていうことを考えさせられますよ(笑)

ちなみ僕がこの話を聞いたときは、朝4時頃で、話を聞いてた場所はクラブの中にあるバーカウンターで、友人のクリストフはナンパで女の子に次々とフラれた後で、べろんべろんに酔っ払ってました(笑)
そりゃあ、そん時は心に響かへんちゅうねん!!(笑)
スポンサーサイト
  1. 2008/08/28(木) 23:56:34|
  2. 未分類

反響!!

どうも、よしです。
前回、ギオームに『船の上でシェフせえへんか?』と誘われた、と書いたんですが、この一週間でほんとに多くの人から、『行ったらええやん』とか、『ほんとにお店止めるんですか?』とか聞かれたりとか、かつてない大反響でした。

一つ言って置きたい事は、最後までちゃんと読んでください、ということです(笑)

どこにも『お店止めますなんて』書いてないんですけども(笑)

ただ、そのおかげで、こんな人もブログ読んでくれてるんだ、ということがたくさん判って、非常にありがたかったです。

今日も、従業員の子に、『シェフ独身やったら行ってました?』って聞かれたんですけど、
『正直行ってたかもしれへんな』と答えました。
でも、皆さんに勘違いしてほしくないとこは、別に結婚して守りにはいったとか、失うものが怖くなって足がすくんでしまったとか、そんなことじゃないんですよ。

現に嫁なんて、『あなたが本当にそうしたいんなら、そうしたらいいんじゃない。』って、涼しい顔して、さらっといいますもんね(笑)
こっちが逆に『えっ、意味わかってる?』って聞きなおしますもん(笑)

じゃあ何が、私にその気にさせないかということですが、l一言で言うと、船の中でシェフをする誘いをけることが惜しくないことが、あるいは同等に魅力的なことが、今あるということです。

そりゃあ、船に乗って、ニースからカリブまで行くっていうほうが、スケールはでかいし、名誉もあるかもしれないですよ。
でも、スケールのでかさや、名声の大きさが、大切なものの大きさに比例してるわけではないでしょう?
 
例えるなら、立派な医者になることと、立派な主婦になることは、同等に難しいことやと、僕は思うんですよ。そうなると後は自分の価値観でしょ?

ギオームと話をした後、僕は正直、今自分自身が報われてない、と思いました。
だからといって、船の上でシェフをして、いい給料をもらって、報われるかっていうのは、問題のすり替えだと思うんです。それはギオームが僕を認めてくれているから、僕が報われた待遇を受けるだけであって、僕がみんな一人一人に報われてるわけではないんですよ。

そう思ったら、こんな暇なChez Yoshiでも来てくれるお客さんは、たった一人のお客さんであってもギオームのように僕を,僕の料理を認めてくれてるわけですよ。そしたら僕は報われるわけです。

金銭面や、名誉、地位はきわめて低いのかもしれない。でもそのお客さんは、船上シェフの僕の肩書きに賛辞を送ってくれてるんじゃなく、僕そのものに送ってくれてるものじゃないですか。

どっちが上か?

正解なんてないです。それがその人の価値観だから。

私が船の上で働く誘いをけった理由、それは、今このブログを見てくれているあなたの方が大切だ・か・ら♪ (かっこええ~~・笑)

  1. 2008/08/25(月) 12:38:17|
  2. 未分類

お誘い♪

ちょっと前に友人のギオームから電話があった。もちろんパリからだ。

彼は私がパリで働いてた時に、バイトしていたビストロで知り合ったギャルソンだ。

彼の経歴は波乱万丈で、エンジニアとしてオフィスで仕事をはじめ、その後エルメスのモデルにスカウトされ、3年ぐらいで面白くなくなって止めて、レストランでギャルソンとして働き出した。

僕と出会ったのはちょうどその頃で、私が日本に帰ってきた後、パリ郊外のブローニュで大きなカフェを友人とオープンさせ、私も渡仏するたびに彼の店には顔を出してはいたんですが、携帯に電話がかかってきたのは初めてのことだったので、何事かと思っていたら、どうやら彼は友人と合わなくなって、共同経営を降りることにしたらしい。

理由はまあ色々とあったんですが、ここではおいといて、彼が僕に電話してきた理由は、率直に言うとスカウトだ。

内容はというと、フランスのニースから出発して、6ヶ月間でカリブまでたどり着くという船のシェフだ。
しかも、税制上、船の上では税金がかからないらしく、しかも使う機会が港に泊まるときぐらいしかないし、一応、船とはいえ料理長なんで、相当給料はいいらしい。

『Yoshi、来れるか?』

やって。

めっちゃ行きて~~~!!!(笑)

給料もさることながら、半年間の船上生活や、英語、フランス語、スペイン語、その他の言語が交じり合う中で、一日三交代制らしく、それ以外の間は船で何しててもいいらしい。

こんな魅力的なスカウトが、今後日本におってあるだろうか?

もちろんね断りましたよ、そりゃあ。嫁、一歳の子供、Chez Yoshiをおいて、『Yoshi来れるか?』『うん』って二つ返事ではいけないですよ。でもね断って、電話をきった後から、妙に寂しさがこみ上げてきて、僕独身やったら行ってたかなあ?とか、店なかったらどうしてたかなあ?とか。

守るものができて、強くなった自分と、守るものができて、軽く動けなくなった自分。

男の人ってそんなことを考えてるから、いつまでも子供って言われるんやろうか?

そしてギオムが電話を切る前に言った一言が、今も胸に突き刺さってます。

『Tu es bien recompense maintenant?』(お前今自分の能力がちゃんと報われてるか?)

皆さんはどうですか?
  1. 2008/08/19(火) 13:20:39|
  2. 未分類

オムニバス

どうも、ヨシです。
どうでもいいけど暑過ぎませんか?
Chez Yoshiの裏には実は物置と、洗濯機がおいてあるんですけど、そこで一分ほど作業をしただけで、汗だくになるって、どうなん?やばくないですか?

まあ夏は暑いということですが、それはさておき、気が付けばこのブログのアクセスが2000人を越してたんですよね。おめでとう!!


去年の10月にこのサイトが出来て、5ヶ月で1000人のアクセス、それからあっという間に2000人。
えっ、あっという間?4ヶ月もかかってますけども(笑)
確かに一ヶ月は短縮されましたが、それって微妙な加速ですよね(笑)
この分じゃあ、出版社から電話がかかってきて、文庫本にしてください、って言われて、それがミリオンセラーになって、悠々自適な印税生活すんの、100歳ぐらいになるなぁ。
しょうがないんで、私はもうちょっとまじめにコックやることにします(笑)


後、この間、初めて自分で夏のコース最初から最後まで食べてみたんですよ。
こんな事いうのおかしいかもしれませんが、思ってたよりずっとまとまっていました(笑)
あの、誤解しないで下さいね。もちろん、一つ一つのお皿は何度も何度も味見して、作り上げていってるんで、おいしいんですよ。ただ、なかなかコースで通して食べるってことをしないんですよね、やっぱり。
なんでそうしたかというというと、前回に書きましたが、今回は本当に自分の好きなものを作って、それを単につなげてコースを組んだんで、順番とか、バランスとかほとんど気にしなかったんで、正直出来上がったコースを見て、自分の中で『もしかして流れ悪いかな?』って、ちょっと気になったんで、一度、全部順番に食べてみたんですが、意外にすごくまとまったバランスいいコースになっていて、自分でもびっくりしたという次第でして(笑)
まあ、百聞は一見にしかずです、このブログの存在を知ってるコアなChez Yoshiフリークの皆様は、とりあえず食べてください。


今回はまとまりのない文章なんで、(いつも、ってか?笑)初のオムニバス形式でお送りしました。



  1. 2008/08/04(月) 01:22:28|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。