Yoshiのつぶやき。

今日のChez Yoshiは…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国民の期待??

僕はオカルト的な番組は大好きだ。UFO、ネッシー、心霊現象やスピリチュアルな世界、末はノストラダムスの大予言にいたるまで、こんな番組誰が観るねん、ていうものでも、嫁にビデオを頼んでは嫌がられてる。
そして、ビデオみながら、今日のはイマイチやったとか、満足やったとか、一人
で批評をしている。

嫁に言わすと全部おもろないらしい(笑)

僕がおもしろいか、どうかを決めるのは、発想力と説得力だ。
どんなに説得力ある番組作りであっても、導きだされる結論が、UFOは、目撃写真や、遭遇者の証言の信憑性はともかく、この広い宇宙の中には、人類と同じような文明は存在しても何らおかしくない、というような模範解答にたどりついたところで、わざわざ番組を作る程のことではない。
逆にいくらUFOに乗っているのは、ナチスドイツの生き残り達だ、とすばらしい発想の飛躍であったとしても、その根拠が説得力のないもんやとしたら、その説に入り込むことはできない。

その発想力と説得力のバランスをみごとにやってのけたのは、かのダビンチ・コードの作者、ダン・ブラウンだ。
彼の書いた小説が、本当かどうかなんて、もはやどうでもいいことだと思う。何も疑うことの知らない素直な読者から、有名な歴史学者までを巻き込んで、あの小説が本当かどうかという論争が巻き起こった時点で、あの小説はよくできてるのである。
すなわち、イエス・キリストは結婚して、子孫を残し、現在もそれは着々と受け継がれているという想像力と、それに、存在した歴史上の人物や、現存する建築物、団体とをからめていくことによって、自説に見事に説得力を持たせていったのです。

話は一気に飛びますが、日本におけるフランス料理だって同じだと思うんです。
いくら、ある食材とある食材をマリアージュしたところで、それがいくら目新しかったとしても、味で説得力を持たせられなければ、それは失敗といわれても仕方がない。

逆にどんなに味がおいしくても、そこに目新しさがなかったら、日本におけるフレンチではだめなんす。
例えば、生ハムメロンおいしいですよ。でも、それじゃあ、お金払って食べる必要ないんですよ。
これが、老舗のうなぎ屋さんとかやったら、話は別ですよ。
○○のうなぎ、というように変わらぬ味を、代々受け継いでいくのが文化で、変えないのが伝統の味となっていくんです。目新しさというものは、そこにはほとんど必要とされず、懐かしさが重宝されます。

日本におけるフランス料理との真逆の理由は、乱暴ないい方かもしれませんが、フランス料理なんて、そうそう食べなくたって、どうってことないんです。したがって、うなぎや、てんぷらなどのように、日本人がフレンチ対して懐かしい味なんてないに等しくて、むしろ洋食屋さんの、ハンバーグやエビフライに魅かれるのです。

じゃあなんで、外食産業にフランス料理という分野が存在するのだろう?

やはり、そこに得体の知れない期待があるからやと思います。
フレンチぐらいでしょ、何が出てくるのかもわからんのに、5千円や、1万円っていうお金払うのって。ウチは選んでもらえるようにしたコースもありますが、多くのフランス料理屋では、勝手にお店側が組んだ、お任せコースを押しつけられてるにもかかわらず、お客さんは高いお金を払うわけです。

なぜか?

やっぱりみんな今日はどんなお魚料理がでてくるんだろう?この間のお肉料理はおいしかったよな。という具合に、何か期待してしまうんですよね、フレンチって。だから、多少のお金をはらっても、高いと感じないんじゃないんでしょうか?
時々、裏切られることもありますが(笑)
それでもこの国にフレンチレストランというものがなくならないのだから、日本の歴代のフレンチシェフの築き上げてきたものは、おおむね評価されてしかるべきなんだと思います。

そして、これからも、日本の皆さんは、フランス料理屋さんのドアをたたく時は、今まで通りおおいに期待し続けてください。フランス料理には、その期待に十分答えられる伝統と、その長い歴史のなかで構築された最高峰の技法があります。そして、それを引き継いでいかねばならない我々も、伝統と現代の融合の中で、常に想像し、切瑳拓磨しながら、説得力のある料理をお客さまのテーブルにお届けできるよう、毎日様々な食材達と格闘しています。
このフレンチという世界最高峰の料理の一つを、この国で守り続けていくために!


スポンサーサイト
  1. 2008/09/28(日) 00:39:27|
  2. 未分類

マスタッシュ

  ♪愛なんてもんは、薄れない永遠のフィーリング♪
って、木村カエラの歌知ってますか?

先に断っておきますが、僕は個人的に、ああいうモード系全開の女の子って、め
っちゃ苦手で。しかも、彼女の服装や髪型が、女の子の間で、超もてはやされて
るって聞くと、『だから、女の子のいう可愛いとか、かっこいいなんていうのは
当てにならへんねん。男目線を全くわかってへんわ』って、彼女には全く恨みは
ないんですが、思ってしまうんですよ(笑)
もちろん、これまでに何度かは、テレビで彼女が歌ってるのをたまたま観たこと
あったんですが、これまた『一銭もいらんわ』としか思わなかったんですよ。木
村カエラのファンのシェヨシファンの方すいません(笑)

でもね、最近このマスタッシュって曲CMで流れてるでしょ。初め木村カエラが歌
ってるって知らんかって、一日中頭から離れへんかって、ネットで調べたら、彼
女の曲やって。
さっき動画でPV見つけて、観てたら、この曲ますます好きになって、完全に木村
カエラにしてやられてしまいました(笑)
あっ、もちろん、容姿にじゃないですよ。少なくとも、この曲だけは、いくら苦
手なモード系の子が歌ってたとしても、僕は好きやと認めようと思って。
やるやん、木村カエラって感じです。

自分のこういうところ、最近大人になったな俺、って思うんですけど、アラフォー
の方はこの感じわかりますよね?

  1. 2008/09/25(木) 01:00:21|
  2. 未分類

臨時休業のお知らせ!!

10月1日(水)・2日(木)とお休みします。
理由は色々ありますが、かいつまんでいうと、得意の充電です(笑)
最近、あまり食欲がなく、何を食べても、あまりおいしくなく感じるので、4連休とって、東京行って、おいしいもん食べてきます。
相変わらず、すぐ充電の切れる、私の燃費の悪さには、自分でもあきれます(笑)

本来なら、パリにでもサクッと行きたい気分なんですが、十月は結婚パーティーやら、貸切同窓会等のご予約を早くからいただいてるので、それもならずってな感じです。

まぁ、神様がしっかり働きなさい、と言ってるんだと思ってがんばります。4連休だって、普通に考えると贅沢なわけで。

でも、盆正月でもないのに4連休をとるシェヨシが、僕は結構好きです(笑)

皆様も暖かい目で見守ってあげましょう!

  1. 2008/09/22(月) 21:28:43|
  2. 未分類

料理人という職業2

前回料理人という職業は、一番リスペクトされていない職業だ、ということをか
いたんで、今回は、全く逆に、料理人は一番親しみやすい職業だ、ということを
書いていこうかと思います。
まず僕がこの仕事をしてて、すごいなぁということは、一応、うちみたいな店で
も、フレンチレストランというジャンルなんで、それなりに会社の社長さんだと
か、地元の有力者の方(ちょっと古い言い回しですみません・笑)とか、大病院
の院長さんや、弁護士さんや、検事さんとか、結構多くいらっしゃるんですよ。

その人達がね、僕の料理を食べて、子供みたいに目を輝かせて、『よしさん、こ
のソースすごくおいしいですね。中に何が入ってるんですか?どうやってつくる
んですか?』と聞いてこられます。
僕が食材や、作り方などを詳しく説明すると、『そんなんが入ってたんですか?
でも、作り方聞いてもやっぱり家じゃ、無理やわ(笑)』と観念しはります(笑

その瞬間が僕は大好きなんです。
別に、僕がお医者さんや、弁護士さんや社長さんという職業の人々に、勝ったな
んて言うつもりはないし、思ってもいません。

ただ、その会話をかわした瞬間、僕とお客さんがどんなに収入や、肩書きに違い
があっても、一気に、同じ味をおいしいと共有する一人間同士の泥臭い関係が生
まれるんですよ。その垣根が崩れる瞬間が好きなんです。

例えば、これがお医者さんと患者さん、弁護士さんと依頼人、となった時に、そ
んな関係が生まれる事なんて絶対ないでしょ?

『今日の弁護の仕方は、民法174条の拡大解釈じゃないんですか?それなら、142
条の第2項を引っ張ってきたんですね?うまいなぁ僕には思いつかないですわ』と
か、『先生、毎食後に飲む薬の中に何はいってるんですか?塩酸プロムヘキシン
ですか、にくいですねぇ』とは絶対にならないでしょ(笑)
そう思うと、国家試験を必要とする多くの職業が、お客さんとの関係は一方通行
なのにたいして、料理人は対等なんですよ。そこが悪く言えば、リスペクトされ
ていない、という点になるんですが、料理っていうものは非常に日常に密接に結
び付いてて、親しみやすいテーマであるがゆえに、おいしい物を作るだけで(い
うほど簡単ではないですが・笑)すごく評価をされやすい、あるいは、伝わりや
すいわけで。

だから、『よしさんこの料理おいしいですね。』と、子供の様に、無邪気にいわ
れるだけで、二人の間に存在するはずの垣根が、二人の間に共感する味覚という
存在に 様変わりするんだと思います。
そうするとどういうわけか、仲良くなれた気がするんです。あくまで気ですが(笑)
そうしたら、料理人やっててよかったなぁと思うんです。年上、年下、男女、貧
富、ステータス、そんなもんどっかに飛んでいってしまいます。

こんなに親しみやすく、誰からも簡単に評価される仕事他にありますか?最高じ
ゃないですか。
リスペクトなんてくそ食らえです。僕には、“ちょっとおいしいもんを作る、お
もろい兄ちゃん”の肩書きで十分です。

ただ、コンパに行くときは、青年実業家とか、代表取締役とかいいますが(笑)

  1. 2008/09/22(月) 01:18:21|
  2. 未分類

料理人という職業

どうも、よしです。

いきなりなタイトルですが、料理人って、日本において一番リスペクトされてないと思うのは、僕だけでしょうか?

なぜなら、料理って、ぶっちゃけ誰にでもできることでしょ?

私は、昔から料理が苦手という人ですら、なんかしらこだわりのレシピの、一つや二つはあると思うし、私は料理なんて全くしないという人ですら、インスタントラーメンや、そうめんぐらい湯がいたことは何度かあるんではないでしょうか?

それを私が職業にしている料理っていうものと、同じかどうかは別として、要は、料理というものに関しての垣根は、相当低いということではないでしょうか?良く言えば、親しみやすいともいえますが(笑)

今回は、リスペクトされてない、という話なんで、あえて親しみやすいという点は無視しますが(笑)、よく飲食店である風景ですが、一般の人が『このビーフシチュー結構いける』とか、『このケーキまあまあやな』とか
よく耳にするじゃないですか。別になんのおかしいことではないですよね?

でもね、考えてみてください。弁護士さんとか、お医者さんとか、国家試験を必要とする職業で、こんなに期待されてない、あるいは信用のない職業って、ほかにないでしょ?

皆さんは、『今日のお医者さんの聴診器の当て方、意外によかったな』とか、『今日の弁護士さんの弁護の仕方結構いけてたなあ』とか、一般の人が言ってるの聞いたときあります?
ないでしょ?

なぜなら、絶対的に信用されてるからですよ。
料理人ぐらいでしょ、資格も取って、お金をもらって仕事してるのに、『大丈夫かな、おいしいかな?』って疑心暗鬼で接っしてこられるの。

もちろん、資格取るの、医者や弁護士さんに比べたら、柔道の石井選手の言葉を借りるなら、屁のツッパリにもならないですよ、調理師の資格なんて。

そう思うと、フランスはやっぱり料理に対する意識が、日本と比べると、だいぶ熟してて、料理人っていうと、尊敬の目でみられますもん。
僕が料理人やってます、っていうと『大変ですね、毎日お客さんを喜ばすのって』とか、『食材と食材を組合すのは、直感ですか?ルールがあるんですか?』とか、深い質問されるけど、

これが日本なら、僕が料理人やってます、っていうと『あ~私もクリームシチューはおいしく作れるし~』とか、『私もこの間冷蔵庫に茄子があったから、ひき肉と炒めたら結構おいしかって~ん』とか、ヨシどんなアホな子とつきあってんねん、っていうのはさておき(笑)、なんやったら僕に対抗してんの?って言いたくなるときありますもん(笑)

あっ、シェヨシに来てくれはる人は、もちろんちゃいますよ。あくまで、僕がシェヨシをしてるとか、全く知らない一般の人としゃべってるときの、料理人という職業に対するリアクションですよ、今いってるは。

そう思うと、切ないよなあ、料理人って。
でも、レストラン行って、裏切られることも多いのも確かやよな。
ってか、今ちゃんとした、レストランは、どんどん減ってきてますよね。
ソースも出来合いのを混ぜるだけ、ドレッシングは業務用に味を付け直すだけ。
居酒屋さんにいたっては、冷凍食品のオンパレード。
食の危険が連日取りざたされてる割には、食の低落に関しては無頓着。
その方がよっぽどの危険やと思うけど。
そう思ったら、自分だけでもがんばっていかなしゃあないわ。
明日も台風近づいてきてるけど、がんばろうっと。



  1. 2008/09/18(木) 00:18:37|
  2. 未分類

Chez Yoshiのシフト

シェヨシには今レギュラーのバイトが4人います。
で、うちの店は月火の週休2日なんで、昼と夜を別々に考えると、最大、週に10回入れるわけです。で、平日の昼間は、学生さんには無理なんで、平日昼専属のフリーターの人が一人いるんで、10-3=7で、これを残りのバイト数3で割ると、一人平均2、3333回でいいわけですよね。

大丈夫ですか?小学校の算数ですよ、ちゃんとついてきてます?(笑)

で、結局何が言いたいかというと、ここからが大事なんですけど、普通飲食店のバイト募集って、“週5日以上”“土日入れる方”とか、少なくても、“週3日でも可”とかですよね?
うちぐらいですよ、週2でもOKっていうの。
にもかかわらずですよ、毎月、誰も入れない日が2・3日絶対でてくるんですよ。おかしくないですか?たくさん入りたい子が一人でもいれば全部うまってもおかしくないシフト表ですよ。そこに4人もひしめいてるんですよ。しかもそん中で、バイトの掛け持ちしてんのは一人だけですよ。

お願いやから、埋まってくれよシフト表、って感じです(笑)

あのこれ勘違いしないで下さいね。バイトの子の愚痴を言うために書こうと思ったわけではなく、むしろ、逆に誇らしいんですよ、うちの子達。
陸上する子、バンドする子、教職とる子、歴代そうなんですが、うちで働いてくれる子達は、それぞれが、それぞれに自分の大切な物を持っています。
決して時間をもてあましたり、楽しようと思ってバイトに入らないわけじゃないのは、よくわかってます。現に、急に誰か病気とかになったら、必ず何とか都合をつけて、誰かが代わりに、喜んで(?)入ってくれます。
みんな大切な物があって、それでいて、シェヨシにも入ってくれてるわけです。
めちゃくちゃ怒られる時も多いのに(笑)
有り難いことです。
私は個人的にですが、学生生活をバイトで毎日あけくれた、っていうのあんまり好きじゃないし、飲食店にありがちな土日休むなんてありえへん的な考え方で、学生時代をアルバイトだけで束縛するのが、大嫌いです。
学生時代ですよ、合コンもあれば、同窓会もあるし、そういうのって行われるのって、大概土曜ですよ。
だから、私はオーナーとして、店の都合はさておき、できるだけそういうのには参加さしてあげたいと思うし、そうしてあげることによって、また今度シェヨシで働いてくれる時、何かいいエネルギーを運んできてくれると思うんです。プライベートの充実あっての、バイトの充実やと思うんです。

その代わり、シェヨシで働く時も、めちゃくちゃ一生懸命働いてもらってます。細かいことも常に言ってますし、正直割にあわへんぐらい注意します。
なぜなら、Chez Yoshiも学生生活の大切なものの一つに加えてほしいからです。

お客さまである皆さんが、もし、シェヨシのホールに居る子達は、他のレストランに居る子達と何か違う、と感じていただければ、私は自分の事のようにうれしいです。

こんだけ書いておいたら、来月のシフト表はばっちりでしょう(笑)


“シェフからバイトさんへ業務連絡です、業務連絡です!お前ら、もうちょっとだけ入ってくれ、頼む(笑)”

  1. 2008/09/11(木) 23:39:24|
  2. 未分類

政治

福田総理が辞任ですってねえ。

正直嫌になりますよね。なんか怒るのもアホらしくなる突然の辞任ですねえ。
辞任の会見聞いてても、何一つ心に響いてこないんですけど、そう感じるのって僕だけじゃないですよねえ。

僕、思うんですけど前の安倍さんもそうやと思うんですけど、突然の辞任した人は、いかなる理由があっても、もう議員辞めなあかんようにしてほしいですよね。

政治家だけでしょ、こんな子供みたいに無責任に職務を放り投げれるの。
一番無責任に投げ出されたら困る仕事なはずやのに、一番いい加減に辞めてはるように感じるのもきっと僕だけやないと思います。
うちのバイトの子でもちゃんと引継ぎまでいてくれますよ、ほんと。

多分、大臣とか、総理、いわゆる閣僚とよばれる人は、閣僚であることよりも、議員でいることの方が大事なんでしょうね。
でもそれっておかしくないですか?自分の政治家としての得意分野や、キャリアが認められて、ついにその省のトップに任命されるわけでしょ。それなら、その職にプライドを持ちましょうよ。
閣僚入りを勧められた時点で、もし、この職を自ら辞めるときは、政治家としての職からも退く、ぐらいの覚悟のある人しか、大臣や総理になってはあかんと思う。

この意見って、僕久々にいい事いうてる自信あるんですけど、どうです?(笑)

だってあまりにお粗末な辞めかたした人達が、今ものうのうと議員バッチをつけて、我々の税金から高給をもらっとるというだけで、その党のデリカシーを疑いたくなります。
党もお粗末な辞め方した元大臣や、元首相は首にしろよ、といいたくなります。

突然ですが、僕が立候補したらどうなるでしょう?

今また、よしあほな事いうてるわ、って思ってるでしょ?(笑)

でもね勝算はあるんですよ。比例代表制で新党を立ち上げるんですよ。
で、新党に入れる条件は、現・元政治家以外ならだれでもOKなんです。
要は政治なんてまったくやったときのない素人で、全てのお金の使い方を全部公開できる人。
後、この国の現状を本当に危機だと思える人。
最後に、ちょっとだけこの国を変えようという意思のある人。

今の二大政党になら、こんな当たり前のことだけで、十分勝てるような気がするんですけど、やっぱりあまいか?


  1. 2008/09/03(水) 00:51:41|
  2. 未分類

体調不良

最近体調が芳しくないです。
季節の変わり目だからか、気候がおかしいからか、わからないんですが、酒がおいしくないのは事実です。
そこで、調子が悪いんなら、いっそのこと、体を気遣いながら、だましだまし生活するんじゃなくて、むちゃくちゃ運動して汗かいてやろうと思って、クーラーもつけずに、窓を全快して、大掃除と、部屋の模様替えを4時間しました。
おかげで、部屋はめっちゃきれいになり、汗だくになり、服を4時間で、下着まで3回着替え、洗濯物がめっちゃ増えました(笑)
で、体調はどうなったかというと、正直今現在はわかりません。
ただ、今飲んでいるビールはめっちゃうまいです(笑)
  1. 2008/09/01(月) 19:36:19|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。