Yoshiのつぶやき。

今日のChez Yoshiは…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おっさんのフレンチ♪

つい最近のランチタイムの話なんですけど、ホールに4組お客さんがいはって、その内、二組がおっさん一人で来てるんですよ。残りの人達は忘れましたが、男性一人で昼間から、4千円のフレンチランチですよ。皆さんは、どう思うかはわかりませんが、私にとってはそういうお客さまは財産です。どこの流行ってるフレンチで、昼間男性一人でフルコースのランチを召し上がってくれる店があるでしょうか?僕も、職業柄何度もフレンチに行って、奥様達でごったかえしてるフランス料理屋は、何度も出くわしましたが、同業者でもないのに、ホールに男性一人でフレンチを食べにきた人が、たまたま居合わせるシェヨシって素敵じゃないですか?そういうフランス料理屋であり続けたいと、心底思った日でした。
皆さん、わかります?
ちょっと伝わりにくかったらごめんなさいm(__)m
スポンサーサイト
  1. 2008/11/29(土) 23:33:56|
  2. 未分類

12月限定クリスマス特別コース!!

12月コースのお知らせです!!
今年ももちろん昼でも夜でも一ヶ月通して、お召し上がる事が出来ます。
そして、食品物価の高騰の昨今、シェヨシは、去年と同じ値段で提供します。
クリスマスに、異常にバカ高いディナーを食べるんなら、どうせなら、シェヨシで食べてください。
絶対によそには負けません!
コストパフォーマンス、クオリティー、私のプライドをかけたコースです!
是非是非皆さんいらっしゃってください。

前菜    和牛の濃厚パテ
スープ   フォアグラのグラチネスープ
魚料理   オマール海老のポワレ グリビッシュソース
肉料理   黒毛和牛のステーキ 自家製赤ワインビネガーソース
デザート  パナッシェ・ド・ショコラ バリエ

             7350円(税込み)

  1. 2008/11/27(木) 23:38:50|
  2. 未分類

クリスマス!

街はそろそろクリスマス。
ハッピーですか?

Chez Yoshiではクリスマスは、苦しみます!ということわざがあるように、12月は一年で一番忙し
い時です。

僕はクリスマスコースの試作に追われ、毎日試行錯誤を繰り返してます。
もちろん、万全で挑みます。

恒例12月限定のクリスマス特別コースの葉書は、明日発送しますんで、今回はあえて触れません!

しかも、明日はシェヨシ店内を、クリスマス仕立てに飾り付けます。
♪ジングルベル、ジングルベル、鈴が鳴る♪です


飾り付けした写真を近々アップしますね。


  1. 2008/11/24(月) 23:38:43|
  2. 未分類

気がつけば、、、

3000アクセス突破です!!
約一年で、3000アクセスなんで、一日平均8人ちょっと。
めでたいのか、めでたくないのか、微妙な感じなんで、コメントは差し控えますが(笑)、
一ついえることは、1000アクセス到達までの期間が、5ヶ月、4ヶ月、3ヶ月と、だんだん短くなってきてるんで、それはそれでいい事なんでしょう。
何度も言いますが、このブログなんて、誰にも宣伝した事がないんですから、それを踏まえると、たいした数字だと思います。
今後の目標ですが、これ以上一日のアクセス数を伸ばすつもりは、あまりありません。
多くの人に見られる事よりも、シェヨシのお店ように、狭く、深く、人に愛され、元気を与えられるような、そんなブログになっていけたら、いいなあと、漠然と思ってます。
様々な事情で、中々お店に足を運べないでいる人が、このブログを通して、シェヨシを感じていただけたら、僕はお店に来ていただけたのと同じくらい嬉しく思います。
  1. 2008/11/18(火) 00:24:42|
  2. 未分類

L’amour-propre

発音はラムーポォプルで、意味はプライドという、もちろんフランス語です。
フランス語を日本語に直訳するのは簡単ですが、日本語を、日本語に訳するのはどうでしょう?
プライドって皆さんはどう訳しますか?
誇りに思う事。譲れないもの。こだわらなければならないもの。
今、手元に国語辞典がないんで、はっきりとは断言できませんがこんな意味が一般的ではないでしょうか。

でも僕は、プライドって全く逆の意味も持つと思うんです。

つまり、僕がプライドっていう日本語を訳すと、
‘誇りを持つために、ある程度のこだわりを捨てて、多少の譲歩をしてでも、得なきゃいけないもの’
だと思うんです。

プライドを持ちすぎて、それを貫く事が出来なくなるのなら、多少の妥協はしても、プライドを主張し続ける環境を整える事が優先だと思います。

もちろん異論はあると思います。
ただ、どんな高尚な理想を掲げたところで、誰にも伝わらないんなら、多少理想を下げてでも、伝える事が大事という事が、本当のプライドだと思います。

私がこの場で言いたかった事は、自分のプライドが邪魔して、大事な物を失ってしまうんなら、プライドをかなぐり捨ててでも、実を取れということです。

この当たり前の事が、中々出来ないんですが、Chez Yoshiの子達はわかってくれていると信じます。
  1. 2008/11/15(土) 02:27:00|
  2. 未分類

業務連絡!!

シェヨシで働くことは大変です。
やりがいはあるかもしれません。
でも、アルバイトにやりがいを求めてる人なんて、ごく一部の人だけやし、やりがいって価値観なんて、たいそう主観的な物なんで、『やりがいがあるから、シェヨシで働いて』なんて、そんないい加減な事、絶対に言えません。

私はめんどくさがりなんで、言ってもわからない人に何も言いません。
僕のしゃべるパワーが無駄やから。

現に途中でリタイヤする人には、何の言葉も送りません。
怒ってるんじゃなくて、かけてあげれる言葉が、見つからないから。

僕は仕事中は、君たちと対等だと思ってるんで、ミスは徹底的に追及するし、いいサービスが出来たら、誇りに思います。
君たちは、僕の高い要求と、プレッシャーを、その若さでクリアしてきてるから、今もシェヨシにいてくれているんだと思います。

僕が大学生のときなんて、君たちの十分の一も、しっかりしてなかったんで、本当にすごいと思います。

君たちは出来るんです!
だから自信を持って、後ちょっとがんばってください。
シェヨシのことは気にせず、学生生活の全てをぶつけてがんばって。
プレッシャーなんて、僕が君らにかけてたものに比べたら、たいしたもんやないでしょう。
逆境をチャンスに変えて、シェヨシ魂で、今回もクリアしてください。
不安におびえてる暇があるんやったら、今やれる事を全部やりなさい。
必勝祈願!!
  1. 2008/11/14(金) 00:35:05|
  2. 未分類

おかしい??


皆さんご存知の通り、シェヨシの店内です。
今の僕の携帯電話の待ち受け画面です。

なんでかわからないんですけど、2,3ヶ月に一回は、必ずこの写真が、僕の携帯の待ち受けになるんですよ。
もちろん、気に入ったワインのラベルや、訪れた街の風景やったり、子供の写真やったりするんですが、それらの写真が復活して、再び待ち受けになることなんて、まあないんですよ。

それやのに、この7年前に撮った、シェヨシの店内の写真だけは、気がつけば待ち受けに収まってるんですよね。

何でやろ?って考えたんですよ。
そしたら、理由がなんとなくわかってきたんですよ。

一ついえることは、他人に見せたい訳ではないんです。
子供の写真とかは、若干そういう感があるじゃないですか。でも、店の写真を人に見せたいっていう気は全くないんです。

後、綺麗な風景を待ち受けにした時のように、思い出を、忘れないように、きざんでおきたいわけでもないんです。
現に、毎日働いている職場であるわけですから、忘れるわけないし、むしろ、できれば休みの日なんて、忘れていたいぐらいですよね(笑)

じゃあ、なんでしばしば、待ち受けにしてるかなんですよ。
そこで、改めてわかったことあるんですが、僕シェヨシ結構好きなんですよ(笑)

それは、自分の城だから好きとか、僕の思い出が詰まってるから好きとか、そんな自尊心とか、感情的な理由じゃ全然なくて、もっとドライな理由なんですけど、単に、シェヨシの夜の照明の具合が、たまらなくヨーロピアンで好きなんです。

ヨーロッパよく行く方は、共感してもらえると思うんですけど、ヨーロッパの部屋って間接照明なんで、暗いんですよ。その影響で、レストランや、公共の場も、日本のように無駄に明るくないんですよ。
初めは、本を読むときとか、目が悪くなるんじゃないかと心配になるんですが、これも言われてみるとなるほどと思ってくれると思うんですが、部屋の隅々まで明るい場所って、意外と目がチカチカして、疲れるんですよ。

そうすると、ある程度暗いほうが人間の目には優しいのかもしれません。
ただ、ショットバーとか、クラブとかはそれでもいいですが、飲食店で照明を暗くすると、ちょっと怪しい店になるじゃないですか(笑)
ましてや、うちなんてフレンチですよ。フレンチというだけで、サービス料や、チャージなどで、ぼったくられそうやのに、薄暗いって、致命的でしょ。
あっ、だから暇なんかうちの店(笑)

そっか、だからフレンチやイタ飯屋って、無駄に明るくて、あたかもうちは健全な店をやってますっていう雰囲気を創りだしてんねや(笑)

でもね、やっぱ僕は好きなんですよ、シェヨシの夜の照明が。
お店を作るときに、3度塗りなおして作った、正面の赤茶色の色が一番映えるのは、昼の照明に比べて、半分明るさに抑えた夜なんです。
店内の、飲食店には向かない、暗い壁紙の色と、机といす、床の色と、ソファーの唐草模様が、外からのかすかな明かりを反射して、一番きれいに輝くのが夜であり、僕はそんなシェヨシにいると、一番落ち着くし、たまらなくシェヨシがいとおしく思えてくるんです。

これってやっぱりおかしいですか?(笑)
  1. 2008/11/10(月) 01:23:13|
  2. 未分類

ありがとうございます!

リーマンブラザーズの破綻、株価の大暴落と、世間では不況不況の大合唱です。
この世界規模といわれる大恐慌の影響は深刻で、年を越せない企業が続出するといわれています。
中でも外食産業に与える打撃は深刻で、中央市場ですら閑古鳥が鳴き続けている有様です。

そんな中、どういうわけか楠葉一暇な店を自負している(?)我がシェヨシは、忙しいんです(笑)
ありがたいことです。

前にも少し書きましたが、フレンチですよ。正直要らんでしょ?食べなくても死なへんし。
街の定食屋さんですら、暇なんですよ。なんでなんでなんで、シェヨシが今週忙しいの?
理由は簡単です。たまたまです(笑)

何それ、って思った方、本当なんです。

元々、うちの店って、よっぽど雑誌とかに載ったとき意外は基本暇で、それなのに今日までシェヨシが続けてこれたのは、結局リピーターのお客様が、ふらっと来てくれるからなんです。それも嫌味じゃなくて、ほんと気まぐれに。決して、フレンチなんでよっぽど好きな人意外は、頻繁には行かないじゃないですか。でもふと食べたくなったときに、シェヨシに来てくれるんですよ。

これって最高じゃないですか!!思いませんか?
まあ、急に行きたくなったとしても、うちはいつでも席は空いているっていう安心もありますが(笑)

前も言いましたが、フレンチなんでそれでいいと思うんです。
二ヶ月前から予約しないと食べられないフレンチって、なんなんですか?
ただでさえあんまり食べたいと思うことが少ない料理やのに、二ヵ月後に食べたいと思うのか?

時々、お客様で『昨日テレビで、ビーフシチューの特集やってて、急に食べたくなったんで来ました』とか、『雑誌にワインのことが載ってて、ワインと言えば、Yoshiさんに来ようと思って』と言って、ふらっと来てくださる常連さんがいらっしゃいます。そういう方が、たまたま重なったら、うちは忙しいんです。ただそれだけなんです、ほんと。

そして、僕は今週たまたま忙しかっただけで、基本暇なそんな、客席がまばらに埋まっているシェヨシが大好きです。負け惜しみじゃなくて、誇りに思います。
これからも皆さん、シェヨシを気まぐれに可愛がってやって下さい。よろしくお願いします!
  1. 2008/11/04(火) 00:10:29|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。