Yoshiのつぶやき。

今日のChez Yoshiは…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブルジョワ!



天井からはシャンデリア。

壁には来店したハリウッドスターや政治家の写真。

店内を歩くギャルソンはみんなベストを着用してて、

ソファーはなんだかわからんけど高そう。

目の前はシャンゼリゼ大通り。


ここどこだかわかりますか?

わかったあなたは、一般的なパリジャン、パリジェンヌではありません。
はい、完全なブルジョワ階級の人々です(笑)

この際どこだかは言及しませんが、ココア一杯9ユーロするところです。
今回は一ユーロ125円ぐらいだったんで、1125円ぐらいですが、一年ぐらい前だと、一ユーロ180円ぐらいだったんで、ココア一杯1620円の計算になります。

考えられます?

ちなみに私が友達と待ち合わせするカフェでは、コーヒー一杯2ユーロぐらいです。

じゃあ、なぜこんな所に入ったか?

はい、コアなシェヨシファンの方はご存知だと思いますが、嫁が好きなんです、こういう系統の店(笑)

私がパリで暮らしてた六年弱の間には、もちろん一度も入ったことないです。

まあでもたまにはこういうのも、いいかなあ観光客やし、と気持ちを切り替えて一緒に入ったんですが、しばらく落ち着かずに座っていると、
颯爽とココア色の肌をした、フランス人と黒人かアラブ系のハーフらしき人が入ってきて、ギャルソンと親しそうに話した後、隣の席にまるで自分の家のリビングかのように座って、
さっき話してた時に注文してたのか、それとも、いつもそれを頼んでいるのかはよくわからなかったんですが、テーブルに、牛乳系のカクテルらしきもの、オリーブ、マシュマロだけが運ばれてきて、
思わず、『もしかして、それって遅い昼ご飯ですか?それとも、今起きたところやったら朝ごはん?ってかおやつですよね?』と聞きたくなったんですが、
嫁に『聞いてみようか?』というともちろん止められ(笑)
そうこうしている内に、手にしていた、字なんて全く書いていないファッション誌をぺらぺらめくりだして、表紙を見ようとするけど、雑誌名も、出版社もまったく表記してなくて、

『もしかして、関係者だけに配られるパンフレットかなんかかな?』
『っていうか、スタイルいいし、背が高いしモデルさん?』
『っていうことは、昨日は遅くまでパーティーで、今起きて、近所の行きつけのカフェに来た?ってことは家がシャンゼリゼの近く?』
『ってことは、やはりこの店は常連で、相当のお金持ち?ってことは相当有名なモデルさん?それともデザイナー?』

という風に、限りなく妄想が書き立てられるんですよ(笑)

そう思うと、このハーフのモデルさんらしき人と隣同士に座れただけで、9ユーロのココアは十分元が取れたんじゃないんでしょうか、と思う僕はやっぱり一般人です(笑)

スポンサーサイト
  1. 2009/03/31(火) 21:39:12|
  2. 未分類

Remember




パリに行って必ず訪れる場所がある。エッフェル塔や凱旋門、ノートルダム寺院、ルーブル美術館。
もちろん全部行きません(笑)たまたま、その付近を通って、目にしたことは、今回も何度かありましたが、、。

写真にアップされた場所どこだかわかりますか?

コンコルド広場です。

この広場好きなんです

ここから西にシャンゼリゼ通りが延び、東にはリボリ通り、広場からは、凱旋門、エッフェル塔、ホテルドクリヨン、チュルリー公園に、オランジュリー美術館が一望できます。

ツアーでも必ず一度は通る場所ではないんでしょうか?


でも私はこの場所夜限定で好きなんです。

というのは、パリに働きに行ってまだ間もない頃、仕事が12:30ぐらいに終わって、当時洗い場だったモモに
『よし、パリに来て、どっかみた?』と言われ、
『どこも行ってない』と答えると、
『それは大変や、俺が車で案内したるわ』と言われ、
『ありがとう。で、いつにする?』と聞くと、
『もちろん、今から』と言われ、モモが夜中12:40から無理矢理パリ観光に連れていってくれて(笑)

正直『えっ?今から。疲れてんやし、はよ帰って、寝ようぜ』と内心嫌々やったんですが、

モンパルナスタワー、ノートルダム寺院、ムーランルージュ、エッフェル塔、セーヌ川岸と、車で通り抜けていく内に、薄暗い石の彫刻のような街中を、映画にでてくるような街灯に照らされて浮かび上がるパリの夜景に、少しづつ魅了されていき、目の前にコンコルド広場が入って来たとき、思わずモモに

『止めて!ここどこ?何ていう場所?』と叫んでしまってる自分がいて。

とにかくこの場所がすっごくきれいで、疲れなんて全くどっかに飛んでいってしまって。

その時に確信したんですよ。まだパリに来たばっかりで、フランス語も土地勘も、友達も一人もいないこの街を絶対に好きになる、この街で必ずやっていけるって。

この場所は僕にパリに来たばかりの初心を思い出させてくれるそんな場所なんです。

  1. 2009/03/25(水) 22:48:03|
  2. 未分類

時差ぼけ

ただいま~ (^0^)/
ちゃんと帰って来てますよ(笑)

いやー早いもんで、あっという間ですね、三週間ちょっとなんて。
ここで気をつけてほしいのは、よく一ヶ月も休んで、といわれますが、あくまで三週間強です(笑)
四週間強なら、確かに一ヶ月という言い方も我慢できますが、二月の第二週から、三月三日まで休んだんで一ヶ月といえばほぼ一ヶ月ですが、2月は28日までしかないですし、一ヶ月もと言われると、いやいや待ってください、たった三週間ちょっとですよ、とついつい反論したくなるんですよ(笑)

まあ実際はどっちでもいいんですけどね。

さてタイトルにもあるように、私ここんところ時差ぼけなんです。
『えっ、時差ぼけって?もう帰国して一週間もたってるじゃないですか?』
と皆さん怪訝に思われるかもしれませんが、私は今まで最長で一ヶ月弱ずっと時差ぼけが、なおらなかったこともあります。

本当なんだからしょうがないです

しかも私の時差ぼけは困ったことに全く眠くならないんです!!

普通よく聞く時差ぼけは、夜中に目が覚めるとか、体がだるいとか、いくら寝ても眠いって感じじゃないですか。でも僕は全く逆で、確かに体がだるいなあと感じる瞬間が、3、4時間に一度回ってくるんですが、その瞬間に無事眠りにつくことができるのは3回に一回で、後の残りは、横になってみても眠れないのがほとんどで、仮に眠れたとしても、2時間も寝れたらいいほうで、ほとんどが一時間前後で起きてしまいます。
一時間で目が覚めた後は最悪で、眠いならまだしも、全く眠くないんです。
こうして書いている今も、子供を10時に寝かしつけた後、風呂に入って、テレビ見ながらビールを飲んでみるも、全く眠くなる兆しはなく、そんなことなら、いっそ起きていようということで久々にブログを更新しています。

これっていったいなんなんでしょうね?
誰か医学的に説明してもらえませんか?

私の周りで海外に行った人で、私と同じような症状を訴えている人は皆無で、スッチーの知り合いに聞いてみても、『そんなのよしさんしか言ってるの聞いたことないです』と言われます。

でも確かなんです。この一週間で僕の合計睡眠時間は19時間です。
日割りすると2・7時間です。
一日最低6時間は寝ないとしんどい僕にしては異常な睡眠時間です。

なんかこんな事言ってると、フランス帰りだけに、変な薬でもやってるんじゃないかと、疑われてもおかしくないぐらいの異常事態です。
まあおかげで仕込みははかどるんですが、、、、(笑)

そう思うと人間って、寝なかったら相当の時間を、有意義に使えるんだなあ、と思ってしまいました。
いっそうのこと寝ずに生活ができたらいいのにと思います。その代わり、平均寿命が今の3分の1になってもいいと思うのは僕だけでしょうか???(笑)

ああ、ぐっすり眠りたい!!

P.S.次回はちゃんとフランス滞在日記更新します(笑)
  1. 2009/03/10(火) 03:11:00|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。