Yoshiのつぶやき。

今日のChez Yoshiは…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そんなわけで、

お葉書届きましたか?
はいそうです、フランス行ってきまーす\(^O^)/

もうここのサイトでどうこう言いません。

日本でフランス料理の看板あげて、店をやってる以上、誰が何と言おうと、絶対的に、それが正解だと心底思うからです。

前回の渡仏の時にも書きましたが、商売ということを第一に考えると、フランスに行かない方がいい理由なんて、いくらでもあるんです。

一方、店を1ヶ月閉めてまで、フランスに行った方がいい合理的な理由なんて、一つもないに等しいぐらいです。

でも、現地である程度フレンチやったことがある人ならば誰しも、一定期間はフランスに、時々は行ったほうがいいと、必ず思っているはずです。

そう思わないというフレンチの料理人がいるとするならば、それは私がシェヨシで意識してやっているフランス料理とは対極にいる方々でしょう。

どっちが正しいかなんて、ナンセンスで、各々が自分の理想を、それぞれ真剣に追求すれば、それでよいわけで。

でももし、理想と現実の板挟みで、現実を追わざるをえないと、妥協している同業者がいるとするならば、私はその人達を非常に残念に思います。
何か一つ言葉を投げかけてあげるなら、『一刻も早くお店をたたむのも一つの選択ではないですか?』ということぐらいです。

そういう私自身も例外ではありません。

シェヨシと、それを支えてくれているお客様とで、私Yoshiの料理道の追求が、この先困難となってくる時がくるのなら、例えばこうして、時々フランスに里帰りすることができなくなってくるとしたら、私はシェヨシをやめた方がいいのだと、自分自身でさっき自分が放った言葉を、飲み込まなければいけない準備はいつでもできているつもりです。

時々、お客様に
『Yoshiさんは好きな事をやっていて、素敵ですね』
というありがたいエールをいただいたりしますが、それは過大評価で、僕はそうしかできないだけなんです。

多分、身内はもっと堅実に店をやってほしいと思っているはずです(笑)

でも、前にも何かの折に書きましたが、僕がこうして、1ヶ月位お店を閉めるのは、シェヨシ発の皆様へのメッセージも込めているのであって。

この頭打ち感のある日本で、シェヨシのお客様はもちろん、そうでない人々にも、こんな真剣にフレンチレストランをやっている人もいるんだと、少しでもいいから、伝わっていてほしい。

間違っても、『あそこの店の人は、楠葉のお坊っちゃんで、資産家の息子の道楽でやってはるみたいですよ』と言うような安易な自分勝手な解釈をしてほしくないです。

まあ、皆さんはご存知でしょうが、実際にお坊っちゃんでも、資産家の息子でも、道楽でもないですしね(笑)


今、この場を借りて、皆様の改めて言っておきたいことがあります。

いつもシェヨシに来店してくれて、ありがとうございます。

そして、いつも僕のメッセージを、行動を応援してくれてありがとうございます。

毎度毎度、自分勝手な言い分ですが、僕が皆様にできることといえば、フランスをおもいっきり、満喫して帰ってくることだと信じています

リニューアルオープンですか?とよく聞かれます。

店内は何も変わりません(笑)

そんなちっぽけな、小手先の変化ではありません。
変わるのは、シェヨシの心臓部分、そうこの私のリニューアルです!

私を後押ししてくださる皆さんが、どうぞその目で、その鼻、その舌で、私の変化を確かめて下さい。

2011.1.28

yoshi

スポンサーサイト
  1. 2011/01/28(金) 01:59:11|
  2. 未分類

Happy Birthday, Chez Yoshi 9 years old

ある人と話をしてました。
レストランというものについて。

なんかオーナーシェフみたいでしょ?(笑)

残念ながら、皆さんが想像するような、売り上げをどうするか?とか、今年のシェヨシの目標はどうか?とか、そんな経営戦略的な話じゃ全くないんですよ(笑)

僕はあんまりそのての数字的なのはあまり得意じやないんで。

“なんでレストランをするんだろう?”

っていう事を延々と話してたんですが、
その人は事業家ぽい感じで、お店を軌道にのせていく過程とか、自分の店を広げていきたい、とか、いわゆる、経営戦略的なものが非常に楽しいらしい。

これって、僕に少し欠落してる部分で、非常にためになる考え方でした。

僕がなんでレストランをやるのか?

僕はレストランにいる自分が好きだからです。

仕込みをしている時が好き

次の日のメニューを考えてる時が好き

お客さんが楽しそうに食べてるのを見ている時が好き

お客さんや従業員と一緒になって話している時が好き

その全ての中心に自分が居れる幸せ。

考えれば考えるほど、僕にはシェヨシが向いているんだと思います。


僕の大好きなシェヨシ、あなたにも好きになってもらえたら、嬉しいです。

そこで初めて、僕は一番輝ける。

明日から、シェヨシ9周年キャンペーン開催です。

お客さまが太陽なら、僕はそれを受けて、初めて輝ける月なのだから。

皆様のお越しを心よりお待ちしております\(^O^)/

       よし
  1. 2011/01/19(水) 00:11:05|
  2. 未分類

赤川次郎に学ぶこと

さあ、明日は久々のお休みです。

実はあまり大々的に言ってませんでしたが、私、何気に去年と同じく、シェヨシに27日連続出勤していました。
去年と同じといっても、今年はブラッスリーヨシを始めたんで、水木金土はラストオーダーの一時までは店に居ましたんで、労働時間は去年の3割増し位やったんではないでしょうか?

まあ、本当にシェヨシに居すぎました(笑)

でも、それにもかかわらず、今年あんまり

『あと~日出勤です』

とか言わなかっのは、サラリとやってのけたかったからです。

正直、11月のブラッスリーのオープンから、日程的にかなりタイトでして。
さらには、迫り来る老いも加担して(笑)、12月中旬頃には、体もいうこときかなくて、ヘトヘトやったんですが、今年はそれでさえも、できるだけ涼しい顔して乗り切ろうと心に決めてまして。


なぜなら、赤川次郎に関するこんなエピソードを聞きまして。

赤川次郎にインタビュアーが、

『毎回、奇想天外なストーリーを読者に届けていますが、ストーリーに行き詰まった時、どのようにして気分転換してるんですか?』

という質問に、赤川次郎こう答えたんです。

『そういうときは、私は他にも連載している作品がたくさんあるんで、他の作品を書いて、気分転換するようにしてるんです』

やって。


格好良過ぎるでしょ?これ(笑)


まさに天才ってこういう人のこと言うんやろうなぁ、と、大変感銘を受けまして。

もちろん、私には赤川次郎ほどの才能はないですが、心の持ち方だけでも、少し変えるだけで、この12月の繁盛期を乗り切れるんじゃないだろうか、と思いまして。

実際のところ、私は、メインディッシュ行き詰まったら、オードブル、それも行き詰まったら、デザートていう具合に、色々と浮気しながら、気分転換をはかりながら、仕込みをするようにしたんですが、、。

なんせ私は仕込みと同時に、シェヨシの営業もしなあかんかったし、赤川次郎ほどの才能もないし、上手くいかない時も多かったんですが、ただ、27日間という時間が経つのは、去年よりもあっという間に感じる事ができたなぁと思って。

自分の中で、自身の新しい扉を開けることができたんじやないかと、勝手に自己満足しています(笑)

さぁ、次は休みに向けての準備です。

こちらの方の才能は、もしかしたら、赤川次郎に負けないかも知れません(笑)

  1. 2011/01/10(月) 23:47:58|
  2. 未分類

2011元旦

あけましておめでとうございます

皆様お元気ですか?

現在1月1日22:30過ぎ、たまたま通りかかって入って来て下さった、一組のお客様も帰って、誰も居なくなったシェヨシでこれを書いてます。

前回にも書きましたが、正月といわれて、何一つピンとこない私ですが、誰も居ない、元旦のシェヨシに一人で居ると、それなりに色々な事を考えます。

包丁も、まな板も、オーブンも、コンロも、冷蔵庫も、テーブルも、椅子も、ソファーも、グラスも、食器も、全てシェヨシの物がいとおしくなってきます。

『一年間ありがとう。今年もよろしく!』

そんな事を、一つ一つのシェヨシの備品達に声を掛けてあげたいくらいです。(もちろん、実際には掛けないですよ・笑)

本当は毎日、それらの物に感謝しなければいけないんでしょうが、毎日の忙しさに追われて、そんな事を1日たりとも、考えないのが現状です。

だから、元旦にお店を開けるのは、何も多くの店が閉まってるし、お客さんを獲得しよう、というオーナー精神あふれた商魂みたいなものではなくて、むしろ、言い方はよくないかもしれませんが、お客様に来ていただかなくても、いいと思うんです。

ただ、誰も居ないシェヨシで、一年を振り返って、お世話になったお店、すなわちシェヨシにお礼を言うためだけのために出勤する、そんな日が、私にとってのお正月だと思います。

初詣、商売繁盛の祈祷、そういう類のことを、オープンしてから、今まで一切してこなかったシェヨシが、今年10年目を迎えることができるのも、正月、誰を待つわけでもなく、店を開けて、一人シェヨシでそんな事を考えている、今日という日があるからなのかもしれない。

うん、年始に何かいいこと言えたような気がする(笑)

皆様、今年もシェヨシを心よりお願いします!!

2011 元旦 よし

  1. 2011/01/01(土) 23:38:30|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。