Yoshiのつぶやき。

今日のChez Yoshiは…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GU

みなさんはGUって知ってます?

結構、これ見てはる人は、年齢層が高いと思うので、あまり知らないんじゃないですかね?
高校生ぐらいのお子さんがいはるところは、知っているのかな?


いやあ、まあ驚いた。


知らない人のために、一応ざっと説明しておくと、ユニクロが出している、低価格の洋服屋さんです。

ユニクロはさすがにみなさん知っていると思うんですよね。
でも、GUって知ってました?


ある日の仕事終わりに、従業員の子が、

「シェフ、これGUの1500円のジーンズですよ。」
と言われて。


まあ、GU知らない僕は「は?」ってなるじゃないですか。

100歩譲ってGUを聞こえなかったということにしたとしても、そのあとの1500円のジーンズって言われても、「は?」って、やっぱりなりません?


1500円のジーンズって!!


で、聞いてみると、ユニクロが出している低価格のお店と言われても、まずユニクロが結構庶民的な値段じゃないですか。

それよりさらに安いって!!

でも、見た感じ普通のジーンズだし、じゃあ行ってみようと思って、この間の火曜日の昼、アサヒの試飲会のついでに行ってみたんですよ。あっ、アサヒの試飲会の方がついでやったかもしれません(笑)

まあ結論から言いますと、めっちゃ良いんですよ。もちろん僕にとってはですよ。
嬉しくなって2本も買ってしまったんです。

でね、2580円ですよ!!

確かに安ってなりますが、実は、僕にとって適正価格なんですよ、これぐらいが。


従業員や身内は知っているかもしれませんが、僕本当に身の回りの付けるものにお金をかけないんですよ。

ご存知夏場は、サッカーのユニフォーム、冬場は、パーカー、ジーンズの上からいつも一緒のトマトのコートをずっと着ているので。

いやいや、それでもなんやかんや言っていいもの着てるでしょ?という人の夢を砕くかもしれませんが、一言で言うと、みすぼらしい格好です、はい(笑)

だからね、10000円とかするシャツとか買う人ってすごいと思うんですよ、僕の中で。

ジーパン、ダイエーとかで買ってでも、4000円ぐらいじゃないですか。
メーカーの専門店とか行ったら8000円ぐらいからでしょ?

多分、僕にはわからないだけで、見る人が見たら、着る人が着たら、違うんでしょうが、僕にとったらまったくわからないんで、安けりゃ安いほど良いんですよ。


そこで僕はっとしたんですよ、我に返って。


シェヨシですよ、シェヨシ!


流行らないはずですよ。

世の中にはGUがいっぱいできているんですから!!

シェヨシで、ランチ食べたってジーパン2本買えるんですよ。そりゃ誰だってジーパン2本買いません?


これね、洋服の話にしたら、僕もよくわかるんですよ。

ただね、食事の話となると、僕は洋服で言うところの、見る人が見たら、着る人が着たらという類のアンテナがビンビン受信してしまうんです。

むしろジーンズのときのように、少しは鈍感になりたいぐらいです(笑)

わかりやすい言葉で言うと、価値観なんでしょうけど、もっとえげつなく言うと、何にお金をかけるか、ということです。

掃いて捨てるほどのお金がある人なら別でしょうが、ほとんどの人は、限られたサイフの中で、色々なやりくりをして、そのやりくりしたお金を何に使うかを、その人の価値観で、仕分けしていくんでしょう。

その価値観の中にも、もっと踏み込んで行くと、自分が使おうと思っているものに対して、

「安ければ安いほどいい。安くてもいい。安すぎない方がいい。高すぎない方がいい。高くてもいい。高ければ高いほどいい。」

という、また別のその人の本質の価値観があって。

今の時代は幸か不幸か、その選択の幅が一昔前よりずっと広がっているのでしょう。

その中で、すべての情報を収集していたら大変すぎるので、自分の興味ないものに対して費やす時間は、失くなっているのかもしれません。

かといって、自分の興味あるものに対して費やす時間も、情報が多すぎて、いくらあっても足りなくなっていて。

敷かれたレールの上を、無難に歩きたいと思っている人にとっては、住み安い世の中になっているのかもしれませんが、こだわり抜いて、生きていたいと思う人にとっては、すごく住みにくい世の中なのかもしれません。

余談ですが、いろんな見方があると思いますが、我がシェヨシは、料理に多少お金を使ってもいいと言う人に対して、安くてもいいという所を一番目指しているつもりです。

この前の週末のランチ満席しました。

ジーパン二本の価値に値してることを、心より望みますし、それ以上の価値をお皿の上に乗せていけるよう、もっともっと頑張っていきます。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/27(木) 20:29:59|
  2. 未分類

自分の店

「いいですね、自分のお店を持って」

と最近よく言われる。

まぁ確かに、色んな縁や、運もあったから、お店を持てているんだと思います。

ただね、みなさんが思ってはるよりは、なかなか大変なんですよ、まじで。

イメージでは、オーナーシェフって聞けば、

好きなように料理して、好きな時に仕事して、好きなだけ休めて。

みたいに思われがちじゃないですか、どうしても。

でもね、それらの何一つ、好きにできてることなんてないですからね。


好きなように料理?


したいですねぇ~。一日三組限定の店で、『お値段いくらでも構わないんで、最高級のものを仕入れてください』と言われたらね(笑)


好きな時に休める?


なにをなにを。ホテルやレストランで働いてる時の方が、確実に今より好きに休めたし、休んでも給料も貰えたし。
ホテルなんかやったら、急に風邪とかになっても、他にコックさん二十人以上いましたから。

今、僕めちゃめちゃ休んでるように思われがちですが、月・火曜以外は、ほとんど自分の用事で休んでませんし。この十二年間、体調不良で休んだことなんて一度もないですからねぇ( ̄ー ̄)v


好きな時に仕事?


多分仕込みのことを、言ってはるのかもしれませんが、たしかに、夜中や、営業時間外に仕込みをしてたら、じっくりゆっくり好きなようにできるのかもしれません。

でもそうしたら、僕はいつ寝るのでしょうか?(笑)

仮に、仕込みがあまりない時にでも、予約のない急なお客様の来店が続くと、
「今日はよく仕込みをしたし、もうゆっくりしよう」
と思っていたところで、そこから一気にフルスピードで料理出さなあかんじゃないですか。
そうしたら、好きな時に仕事どころか、下手したら心臓発作ですよ(笑)

ね?死と隣り合わせですよ!!

恐ろしいことでしょ、自分の店を持つのって(笑)



でもね、そんな自分のお店ですが、一つだけ他の人にはない、いいことがあるんですよ。

それはね、知り合いや、常連さん、身内とかが、急にフラリと、いつでも顔を出してくれるということです。

この間でも、しばらくお見えにならなかった、常連のお客様が五年ぶりに「シェフ久しぶり」と言って、突然来てくれた。

その前は、大学の先輩や、同級生が、関東や中国地方から、これまた予約もなくはるばる来てくれた。

そういえば、いとこも四国から、結婚相手を連れて来てくれた。

ほかにも小学校の時の先生、フランス時代の友人、忘れた頃になんの前触れもなく突然やってきてもらえる。

うちの母親も未だにあまりよく理解してくれてませんが、言うたらここは僕の職場であり、営業中は僕にとって勤務中じゃないですか。
それでもレストランをしているというだけで、それだけで、みんな本当に気楽に来てもらえる。

そんな職場がほかにありますか?(笑)

しかも、自分でやってるといっても、クリニックやコンサルタント的な業種じゃないので、好きなだけふざけれるし、料理さえ出し終わってしまえば、そこから一緒に飲めるじゃないですか。

もう一度言いますが、僕は職場で仕事中ですよ(笑)こんな素敵な職場、誰にも負けないと思うんですよね。

営業時間に来てくれれば、僕はいつでもここに居るんです。
だからみんな面倒な約束や、事前の連絡とかなくても、本当にふらりと寄ってくれる。

毎日の営業の繰り返しの中で、そのことがどんだけ僕の励みになっていることか。

珍しくみなさんに感謝です。

これからも、ほんと気が向いた時でいいんで、しばらく行ってないからとか、遠慮なさらず、お近くまでお越しの際は、是非、僕に会いに来てやってくださいましm(_ _)m

いつもありがとうございます。
  1. 2014/02/13(木) 19:39:40|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。