Yoshiのつぶやき。

今日のChez Yoshiは…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3・11

震災から一年が経ちました。

全てのメディアが、あらゆる方法で、報道されてる中で、今更、私ごときが付け加える新しい情報や、発信できることなんて、何一つなく。

ただ、色んなメディアが言った事に対して、あまり伝わるものが、感じ取れなかった人がいるかもしれない。

それならば、どんなに全国放送であろうとも、どんなに大手の新聞・雑誌で何万人もの人達が見ていようとも、意味がなくて。

そして、たった1日20人ほどしか見に来ないこのブログでも、まだ何か伝えることが出来る価値があるんじゃないかと思って。


僕は去年、震災の起こるほんの数日前に、長期のフランスバカンスから帰国したばかりでした。

レストランで、空っぽの冷蔵庫を前にして、3日間調理場に閉じこもって、ひたすら仕込みに追われてた、ちょうどその時やって。

でも、僕自身はフル稼働で仕事してたんで、全く揺れに気付かなくて。

だから、その時の恐怖とか、不安なんて全くなくて。

母親から電話があって、そこで初めて事の重大さに気付いたくらいなんで。

それでもやはり、誤解を受ける表現かもしれませんが、僕にとって、2日後に営業を迎えるのに、冷蔵庫が空っぽの方がずっと身に迫る恐怖やって。

でも段々、千葉県の嫁の実家を通じて、色んな日常生活に支障をきたしていることや、1週間前まで一緒に過ごしていたフランスの友人から深刻なメールがどんどん届いたりして。

そこでやっと、自分自身で情報を確認して、せめて今、日本がおかれてる状況を把握しておかなければと真剣に思って、遅ればせながら、今回の震災とちゃんと向き合ったような気がします。

多分、皆さんが何日か前にテレビでみたであろう、津波の映像や、原発の映像をみた時は、あまりもの衝撃に、ただただ唖然とするばかりで。

そして、その日を境に、僕の心境は変化していきました。

何か自分に出来ることはないか?

何か自分でしなきゃという気持ちが大きくなり、ブラッスリーの節電営業や、夏のコースの500円割引個人の判断により寄付などをシェヨシではやりました。

僕はボランティアの押売りも嫌いだったし、寄付の呼掛けや、半ば強要もすごい嫌いだった。

いや、今でもどっか嫌ってる部分もあります。

でも、今回の原発を伴う被災は、そんな僕の価値観なんて、吹っ飛ばしてでも、自分に出来ることは本当にないのか?と常に今現在でも、自問自答を繰り返してます。

私事ですが、僕は今でも、震災チャリティーで街角に立っている人を見つけると、必ず千円を入れるようにしています。

もちろん、金額なんてどうでもいいことですが、僕はこの千円を勝手に1300億円募金とよんでます。

そうです、日本の総人口1億3000万人に基づく計算です。

もちろん、千円も出来ない人もいます。
一万円出来る人もいます。
復興に、そして手当てに一体どれくらいのお金がかかるのか、僕には想像も出来ません。

でも、日本国民の一人一人が、みんなで毎年1300億円被災地に寄付しようとしたら、たった一人千円で可能なことなんです。


もちろん、僕の子供は3才なんで寄付はできないんで、代わりに僕がします。なんなら、嫁の分もします。
みんなが千円でいいんです。

飲みに行く人は、ビールを一年で2杯だけ我慢したらできるんです。

美容室を2年に一回だけ減らすとか、外食を年に一回だけがまんするとか、それだけで1300億円の寄付ができるんです。

これは、何の政党を支持するからだとか、何の神様を信じてるからだとか、月のおこずかいがどうとか、いくら稼いでいるとか、そんなこと抜きにして、実現可能な、リアリティーある呼び掛けです。

ましてや、シェヨシに来ていただいているお客様です。

千円の価値をようくわかってらっしゃると勝手にですが思っています。

テレビや、新聞は金額の大きい寄付のニュースしか、報道しません。

でも、超大金持ちじゃなくても、相当な負担を背負わなくても、一人一人が一年に千円寄付するだけで、1300億円の寄付ができるんです。

もしなんらかの事情で、今年出来なかった人は、来年出来るようにがんばればいい。

ただ、私がしなくたって、そんなにたいして変わらないでしょ?とだけは考えないでほしい。

この間の3・11の時、僕は黙祷を捧げていません。

その時間ランチの営業におわれていたから。



黙祷や、被災地に赴いたりのパフォーマンスは、政治家や、芸能人がやればいい。

僕は一生懸命に、自分の仕事をまっとうして、その中で、何かしら僕に出来ることがあったら、積極的にやればいい。

僕が日本国民として出来ること、毎年1300億円募金だけは、何があっても続けていきます。

これからも、ずっと、絶対に。

スポンサーサイト
  1. 2012/03/15(木) 00:27:54|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。