Yoshiのつぶやき。

今日のChez Yoshiは…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いつも心にシェヨシを!!

この間の日曜日、前に働いてたスタッフの子の結婚式があった。

3ヶ月ぐらい前に招待をいただいたが、やむなくお断わりした。

理由は12月だからだ。

その時にも、他のスタッフにも後から言いましたが、

『僕に結婚式に出席してほしかったら、12月には絶対式するな』と。

なぜ12月は駄目かというと、12月は特別限定コースを1ヶ月を通してやっているからだ。

前にも言いましたが、僕はこの12月限定の特別コースを、シェヨシのこの一年間の集大成だと思っています。

つまり、今居る、一番出来るホールスタッフ、セカンドのスタッフ、新人のスタッフ、そして、シェフである僕が、一丸となって提供できる、一番自信のあるコースだと思っています。

それは、決して料理のクオリティにのみ言及しているわけではなく、サービスのスピード、タイミング、接客、そして、僕を含めたスタッフ全員の言葉、動作の一つ一つにいたるまで、お客様がレストランに居てもらってる間に、満足してもらえるための全ての点で、今シェヨシで出来る、一番のパフォーマンスを見せなきゃいけないと思っています。

そんな特別コースを1ヶ月間提供しているのに、その5回しかない週末を、個人的な理由で一日でも店閉めるわけにいかないんです。

そして、元スタッフなら、そんな僕の気持ちをくんでくれていると信じてます。


本当の事をいうと、めっちゃ出席してあげたかった。

でも、出席したところで、今僕が彼女達にしてあげれる事は、もうほとんどない。


その代わり、その日僕は、特別コースを含む、満席のお客様をシェヨシで迎えてた。


スピーチはその式場で出来なかったけど、僕はずっと彼女達にスピーチを送り続けている。


だから、卒業した子達は、その場に例え僕がいなくても、


『シェフなら何ていうんだろう?』

『シェフならどう答えてくれるんだろう?』

と各々が勝手に自分の中の僕に相談して下さい。

僕はそれ位、密接に君達と接してきたと思っています。


君達が、日本中のどこに散らばっていても、

学生時代という、まだまだ成熟してない時期に、

僕にボロクソ言われながらも、

途中で辞めていく子達も少なくないのに、

必死で、最後まで、シェヨシを支えてきてくれた、君達への感謝とお礼の気持ちを込めて、

僕は、君らの心の中にいつでも飛んでいきましょう。

なんだか、最後「千の風になって」みたいになりましたが(笑)

これからも、いつも心にシェヨシを持って、人生頑張っていって下さい。


誠に恐縮ですか、以上のブログをもちして、イワカナへの結婚のスピーチと代えさせていただきます。

イワカナ、ばたやん、結婚おめでとう\(^O^)/
スポンサーサイト
  1. 2012/12/13(木) 22:41:53|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。