Yoshiのつぶやき。

今日のChez Yoshiは…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロイヤルカスタマー

あ、ちょっと前の話ですけど、

大学時代の友人が大阪出張で、一人でご飯を食べに来てくれた。

カウンターに座って、忙しさが落ち着くまで、ゆっくりとご飯を食べていたんですが、
他のお客さんも帰られて、僕とホールの女の子とその友人と3人で話している時に、

うちのスタッフの子が僕の大学時代の友人に

「シェフって学生時代からこんな感じやったんですか?」

って聞いてて。

…まぁその質問も質問ですが(笑)


僕の友人が、

「うん、そうやで。あなた達も大変やね。こんな常識のない人と働かなあかんねんからね」

と答えてた。


僕はもちろん

「いやいや、待ってくれ。そこ大事な所。ちゃんと言うてくれな、従業員の子に誤解されるやろ?
俺、言いたいことは昔から言ってたかもしれんけど、非常識では無かったやろ?」

と、言うとその大学時代の友人は、

「あ、ごめんごめん。この人、常識はわかってるけど、時々、その常識をどうでもいいと思っている節があるところが、非常識やねん。」

と、言い切っていた。

僕は何にも言い返せなかったし、付け加えることも無かった。

なんなら、その通りです(笑)

さすが、大学時代からの友人です。
僕をよく理解していらっしゃる(笑)



Chez Yoshiはオープンしてから一貫していることだが、
「さぁ、いらっしゃい、いらっしゃい」ということをあまりしない。

それは、お客さんを集客する為に宣伝するという常識に疑問を持っているからだ。

確かにまだ知らない人に知ってもらうことは大事だと思う。
でも、うちの店なんて、たかだか18席しかない。
それなのに、わざわざ大阪市内から来ていただくのも申し訳ない。

出来ることならば、この辺りの人達だけで、テーブルが時々いっぱいになればそれで十分。
よくいうと、あまり荒らされたくないんですよ、今のChez Yoshiを。

悪く言うと、向上心の欠如でしょうか??



あと、これも非常識かもしれませんが、

常連さんを大切に扱っていません。(一見ですが・笑)

現に、新規のお客さんで忙しい時に、常連さんがいらっしゃると、「いらっしゃいませ」と言った後、しばらくは目を合わせません(笑)

なぜなら、僕も喋りたくなるからだ。

でも、そうしてしまうと、いくら僕が喋りながらでも、全く同じペースで料理を提供出来るといっても、少し注文が立て込んでくると、お客さんは「あの人喋ってるから遅いねや」と、どうしても思われてしまう。

実際のところ、料理は温める時間もあれば、じっくり焼かなければならない料理もあるので、その間、喋ってようが、じっと料理を見守っていようが、僕的には、お客さんに提供する時間は、変わらないんですけどね。

それでも、やっぱり初めて来店されたほとんどのお客様は、
「喋ってるから遅くなる」と思い、そしてそれがエスカレートすると、
「あの喋っているお客さんにだけ、特別なものを出しているんじゃないか」
と、感じる人もいるかもしれません。

だから僕は、常連さんほど忙しい時にぞんざいに扱うようにしています。

あっ、もう一度だけ言っておきますが、

あくまで、一見ですよ(笑)

だからChez Yoshiに来た時に、僕がほとんど無視をしているお客様がいたならば、その人は超常連さんです(笑)

これもよく言えば、新規のお客様に居心地よくいてもらうための配慮と言えば言えるんですが、
常連さんに甘えているだけと言われれば、返す言葉もございません(笑)

その代わりといっちゃあなんですが、うちの店なんて暇な時は、誰一人として、他にお客様がいないこともしょっちゅうなんで、その時に、暑苦しいくらい、常連さんと遊ぼうという気持ちは、いつも持っていますんで(^0^)

あ、ちなみに、

今、Chez Yoshiめっちゃ暇なんで、
嫌でも、暑苦しいくらい絡んでいきいますよ(笑)


代筆:またも平日昼間の主婦のパート
スポンサーサイト
  1. 2013/02/08(金) 16:06:52|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。