Yoshiのつぶやき。

今日のChez Yoshiは…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ポジティブ

最近、面接をしています。

面接をしていて思うんですが、性格や長所などを聞いた時に、

やたらと、負けず嫌いだとか、ポジティブです、とかいうことを答える学生の人が多い。

別に構わないとは思うんですが、そういう人に限って、履歴書をよく見てみると、アルバイトを数ヶ月で辞めていたり、クラブ活動をしていなかったり、勉強嫌いだと言う。

なにか、納得がいかないんですよね、僕は。

もしかして、友人とカラオケしてる時にポジティブなのか?

もしかして、家でゲームをしている時に、負けず嫌いなのか?

それとも、単に親が成績悪かったり、バイト続かなかった時に、

「気にしたらあかん、ポジティブにいかな」

とむやみやたらに慰めているんでしょうか??

そういう、ポジティブや負けず嫌いなんて、社会は元より、もちろん、Chez Yoshiでも、

なーーーんの役にも立ちません!!

僕は思うんです。

学生である以上、成績が悪かったら落ち込んで、それから何クソと思って勉強すればいい。

勉強が嫌いで、自分には向いてないなら、それ以外に負けない事を磨いていこうよと。

ミスをして、反省して、落ち込むところまで落ち込まなきゃ、いくらポジティブというても、それは単なる、現実逃避の手段に過ぎない。


ゆとり教育なのか、時代が変わって、僕の考え方が古いだけなのか、簡単に、ポジティブですとか、負けず嫌いです、とか言う人に違和感を感じる。


本当にポジティブで負けず嫌いな人達は、果たして、自分でそう言うだろうか?


僕の偏った考え方かもしれませんが、

《明るく、楽しく、前向きに!!》

みたいな、小学校の黒板の横に掲示されてる標語の様な、ほんと上っ面だけの、聞こえのいい言葉だけが美化されて、必要以上に乱用されているような気がしてならない。

あの、私事で申し訳ないですが、皆さんはどう思われているか分かりませんが、僕、結構ネクラですよ(笑)

小さなミスしただけでも結構気にするし、落ち込むし。

『美味しかったです』と言ってくれたお客さんに対してでも、

「気を遣ってくれたんちゃうか?」とか、

「いつもより、笑顔が少なかったけど、本当なんやろうか?」とか考えてしまうし。


はい、完全ネガティブです(笑)


でもね、だからこそ、ポップに店を出来ると思うんですよ。

明るく、楽しく、元気なだけで、なんの気のきかないポジティブなだけのホールの子や、シェフがいるレストランなんかに行ってしまったと想像してみて下さい。


そんなの、ただの、地獄絵図ですよ(笑)



最近、うちのホールの子達が、お客様に褒められる事が多くなってきて、僕も彼女らよりも嬉しく感じています。

でもそれは、僕に毎回、すごく褒められて、励まされて、『あんまり気にしないで、気持ち切り替えて、ポジティブにやって』って言われて、やっているんじゃないんです。

裏で、僕にめちゃくちゃに怒られて、時には涙して、それでも奥歯をグッと噛み締めて、ホールに立っている訳です。

いくら僕と楽しそうにやっているように見えても、サークル感覚で、ノリや楽しさだけで、やってるわけじゃないんです。

僕はそういう、うちの子達に、ポジティブという言葉をつかってあげたいんですよね。

多分、彼女達は、自分では決してポジティブだ、などとは思ってないんでしょうが(笑)



僕が、この文章をノートに下書きしている時、うちで一番長いこと働いてる子が見て、

「私らはわかってるからいいですけどね。こんなん書いてたら、シェフ誰も応募してくれる子、いなくなりますよ」

と、苦笑いしながら言い放った一言に、

『あいつも数年前は、僕にめちゃめちゃ怒られて、泣いてたのになぁ。強くなって、対等に、色々言うようになったわ』

と僕の胸に突き刺さった(笑)


皆さん、これが、ポジティブで負けず嫌いということですよね??



代筆:誰もいない休み明けのChez Yoshiで代筆させられている、ポジティブな平日昼間の主婦
スポンサーサイト
  1. 2013/04/10(水) 18:42:22|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。