Yoshiのつぶやき。

今日のChez Yoshiは…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原稿のその先にあるもの

----------------------------------------------------------------------------
プロ意識を持って働く。料理もスタッフも一流の集まりです。

お金をいただいて、お料理と共にステキな時間を過ごしていただく。
だからお料理もサービスも一切の妥協をしません。

仕事ってそうあるべきじゃないですか?


---常に仕事と真摯に向き合うオーナー。
あなたはバイトを、「たかがバイト」と捉えますか?
いえ、「されどバイト」

プロとしてフランス料理店に立ってみませんか?

未経験でもココなら大丈夫!!

---------------------------------------------------------------------------



これ、なんだか分かります?

うちの店の求人募集の原稿のサンプルです。

あのー、もう一度言いますけど、うちの店「Chez Yoshi」の求人の原稿のサンプルです。

まぁ、成り行きを初めから説明しますと、いつもうちの店の求人は、タウンワークで募集をするんですが、ちょっとしたご縁もあって、初めて浮気して、他の媒体に、反応の比較も兼ねてお願いしたんです。

いつものタウンワークなら、もう10年以上の付き合いになるんで、阿吽の呼吸で、詳細だけを手軽に電話で指示して、その後、FAXで見本を送ってもらって、それに訂正があれば、送り返して、「はい、終了!」という流れなんですが。

いかんせん初めてお付き合いする求人広告の媒体ですし、文字もいくつまで放り込めるかわからないし、太字に出来る行数も分からないし、とりあえず、営業担当の人に、

『店のチラシとホームページと、後、僕と喋って伝わった事を参照にして、とりあえず、一回サンプルみたいなものを作ってみて』

って言って、出来上がったものが、上の文章です。



ココで働きたいと思う学生さんいます?(笑)


ちなみに、今いるスタッフ達に、上の文章だけ見せて、

「これ、どう思う?」って聞いたら、

「え?近くに新しいフランス料理屋さん出来るんですか?」やって(笑)


でしょうねぇ。

そうなるよねぇ。


突っ込みどころはいっぱいあるけど、まず一番に、この高圧的で厚かましい、どこか怪しい自己啓発セミナーを想像させるこの文章で、応募してくる人がいたとしたら、よっぽどのナルシストか、文章の読解力のない人やと思います。


”プロ意識を持って働く”  のに、未経験でも大丈夫??
 
”アルバイト募集”  言うてんのに、プロとして店に立つ??

”仕事ってそうあるべき”  って押売りであるべきなん??

”料理もスタッフも一流の集まり” 一流の店が自分で一流って言うか??

”お金を頂いてステキな時間を過ごしていただく” だから一切の妥協をしないのか??


まぁ、とんちんかん!!(笑)


僕でも、絶対こんな恩着せがましい店で働きたいなんて、1ミリも思わんよね。


残念です。


あまりにもひどい内容だったので、訂正とかのレベルじゃなくて、

『根本から考え直して。

僕がどう書いたら喜ぶかっていう視点じゃなくて(こんなんで僕喜びませんが・笑)、僕が欲しいと思ってる人材が見て、喜ぶ文章を書いて欲しい』とお願いしました。

当たり前なことだと思いません?


アパレルの店員さんの求人広告で、

”センス抜群の人募集!!”

と書いたところで、ホンマにセンスのある人が、そんなダサい文章に惹かれるだろうか?


今、フト思い出しましたが、昔、フリーペーパーの結婚相手募集のコーナーにあった

”頭脳明晰な、控えめな方、是非連絡ください!!”

と書いてあったメッセージに、その通りの人からの連絡があったのか、是非、聞いてみたい(笑)

まぁ、いろいろ残念なんですけど、この今回お話した媒体が大手の「an」なんですよね。

しかも、文章だけかく専門のスタッフがいて、この仕上がりです(T_T;)

事務所に閉じこもって、資料だけ見て、ただ、インパクトのあるフレーズだけをツギハギして、文章を繋いだだけで、その先にある人、つまり、広告を載せる僕と、それを読む受け手、つまりバイト希望の人の気持ちを全くわかろうとせずに書いてんでしょう。

ただ、anの営業担当の人は、非常に感じのいい、出来る方だったので、結局、その人自身が、文章を書き直してくれて、このひどい原稿と、anの名前を公表して、このブログに書かせてもらうことを条件に、今回お願いすることにしたんですが。(約束通り、書かせてもらいましたよ・笑)



あと、一番残念なのは、僕の言っていることや、ホームページを見て、サンプルを作ってみたらこのように出来上がったという悲しい事実(笑)

やっぱそんな風に、頑固オヤジみたいに思われてんのかなぁ??

年をとったんかなぁ~? 威厳とか嫌やなぁ~(笑)


ちなみに、「これ、どう?」って見せて、

「この条件やったら、私達全員クビですね」と、笑いながら言った、プロ意識を持ってホールに立っている、Chez Yoshiの一流の集まりのスタッフの子達は、お客様のいないところでは、僕にタメ口です(笑)



代筆:必死で敬語を使っていたけれど、段々とタメ口が増えてきた平日昼間の主婦のパート
スポンサーサイト
  1. 2013/04/26(金) 18:46:33|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。