Yoshiのつぶやき。

今日のChez Yoshiは…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僕が、『○○産の~です』と、あまり言わない訳

こないだ、コンビニで掛け持ちバイトしている学生の子が、

「シェフ、これうちのコンビニの新商品なんですよ」

と言ってカレーパンを持ってきてくれた。

僕は

「ありがとう、そこに置いておいて」

と言って、袋の中を見ようとしなかったら、その子が

「シェフ、見てくださいよ!きっとシェフが嫌いそうなカレーパンですよ」

と言って、仕込みしている僕の目の前まで持ってきてくれた(はい、なかなかの邪魔です・笑)

僕は、

「どこが僕が嫌いそうなん?」

と言いながら、カレーパンの包装を見てみると、


”近江牛入りカレーパン”

と書いてあった。


「あぁ、確かに俺嫌いやわ、なんでわかったん?」

と聞いたら、

「シェフ、普通の人が喜びそうなの嫌いやし、なんちゃら牛とかいうの嫌いでしょう?」

と言われて(笑)


半分はあってるんやけど、半分は間違っているですよね。


僕は、決してみんなが好きそうやから嫌いなんやなくて、皆が好きそうなものの中に嫌いなものが多いだけなんです。


えっ、分かりにくいですか??


結果は同じ事かもしれないけれど、僕は別に宮本亜門みたいに、『違いがわかる男』とは思っていないし、自分が思う味が、一番正しいとか、流行るとか言うつもりはさらさらない。

そんな事言う人って、大概、胡散臭い人ばっかりやないですか。

皆さんは、”近江牛入りカレーパン”と書いてあって、やっぱり、普通のよりかは美味しいと期待するもんなんですかね?


僕は、育ちが悪いのか、それとも性格が悪いのか、はたまた、職業的視点からか、あえて、近江牛入りと書いてあることに、どうしても引っかかってしまうんですよね。

もちろんコンビニなんていうところは、商品開発部という部署があって、次々に新商品を発表していかなあかんと思うんですけども、

”近江牛入り”とうたった瞬間、その商品は開発失敗やと思うんですよね、僕は。

カレーパンの宣伝をしなあかんはずやのに、近江牛の力を借りておいて、

『だから、カレーパンも美味しいでしょ?』

と言うてる気がしません?

いわば、≪虎の威を借る狐≫です。

要は、カレーパン本体の味に、自信が無いことの表れやと思ってしまうんです。

近江牛って表記することによって、 『不味い』と言えないような雰囲気を作っておいて、パンの中に多少大きくカットした肉(近江牛らしき?)の食感をわざと残しておいて、もはや、これを『美味しい』と言わなければ、「お前は味が分かっていない」とかいう強迫観念に訴えかけてくるみたいな気がしません?(笑)

あ、話は変わりますが、
同様な理由から、Chez Yoshiでも、なるべく「○○産」というようなメニュー表記はしないようにしています。

それは、「○○産のお肉です」とか、説明されたところで、大方の人にとっては「はぁ?」てな感じですよ。

それなのに、たいそうに「○○産の」と言う事によって、『この肉知ってますよね?』という人の知識を試しながら、どんどん美味しいと言わなければならない空気に追い詰められていく。

それならば、美味しいかどうかもまだ分からない説明をクドクド続けるよりも、どの部位を使っているとか、どんな調理法だとかを、説明した方がよっぽど良くないですか?

極端な話、その説明すらも、疎ましいと思う人もいるだろうし、結局のところ、なんたら産とか大層にうたったところで、要は、旨いか、不味いかなんですよ。

Chez Yoshiでは、逆に、黒毛和牛のビーフシチューを、ビーフシチューとしか表記していません。

それは何故かと言うと、、、

あ、いまからちょっとやらしい言い方になりますよ。

いま、心にゆとりが無い人は、ここから先は読まないで下さいね(笑)


それは、○○産とか、○○牛とか、そんな威を借りなくても、本体そのものに自信があるからです!!!!(格好ええ~・笑)

なんとか産の肉、魚を使わなくったって、普通にいい食材さえ仕入れていたら、そんじょそこらのブランド肉や、魚をただ焼いただけの料理よりも、Chez Yoshiは負けませんから v( ̄^ ̄)

さて、バシっとキマった(?)ところで、近々告知のハガキをお送りします。

ブランドの食材を一切使わず、私が吟味した食材だけを使って、低コスト化に努めた夏の特別コースです。
5,000円を切る値段で検討中です。

あと、遊びで、この夏限定で、面白い事をしようと思ってますので、期待していてください。

ブログ書かずにサボっているだけではありませんよ(笑)

では、また近々、お葉書でお会いしましょう。


代筆:腕が無くても美味しくなるかもしれないなら、ブランド肉を使いたいけど、お金も料理する勇気もないので、やっぱりスーパーの安売り肉を買う平日昼間の主婦のパート
スポンサーサイト
  1. 2013/07/05(金) 20:15:46|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。