FC2ブログ

Yoshiのつぶやき。

今日のChez Yoshiは…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

食品表示誤記で、僕が本当に伝えたかった事

前回のブログは大変反響をいただきました。

皆さんそれぞれに、いろいろな考え方があって、なるほどなぁ、と感心させられました。

実は、前回のブログを書き終えて、アップする際に、削除した部分があります。


それは、消費者側の事、いわゆる皆さん(僕も含む)についてです。


高級ホテルや、旅館がやった事は、到底許される事ではないですが、
一方、○○産と言われて安心していた人、ホテルやから絶対に美味しいと、頑なに考える事を拒否していた
消費者の皆様も少しだけ、食事を楽しむという事を、今一度考えなおしてみてはいかがでしょうか?


○○産やから、美味い、不味い。

○○漁港直送やから、美味い。

著名人が絶賛したから、美味い。

安いから、不味い。


はたして、本当にそうでしょうか??


僕は貧乏性なんで、安いと聞けば、まず口に入れてみます。

そして、それは、自分にとって、その値段はアリかナシかを考えます。

そして、それが、世間の評価と離れていたら、ラッキーだと思います。

それは、ワインを選ぶ時も一緒です。


試飲会でも、まずはブラインド(値段、産地、ブドウの品種を隠して)一通り飲んでみます。

そうして、気になったものだけを後で、試飲ワインリスト表を見ながら、ピックアップしなおします。

そこで初めて値段を見てみて、良いと思ったワインが高かったら、なんと残念な事か。

そのワインが安かったら、それは、世間の評価と離れた、自分の美味しい領域であって、
間違っている訳でも、味オンチな訳でもないんです。

なんなら、皆が美味しいと言っているワインよりも、絶対安く手に入るじゃないですか。

そしたら、僕なら、その分皆様に安く提供出来ますしね。


一体皆様は、レストランに何をしに行くのでしょうか?  

誰と行くのでしょうか?

そして、そのレストランに何を期待するのでしょうか?


うちみたいな店でも、フランス料理という業種から、どうしてもフォーマルに利用される事もよくあります。

接待や招待、お祝い事で利用されるのも、もちろん大歓迎です。

もっと味を楽しんで欲しいなんて、思ってはいても、言う事は絶対にしません。

それは、レストランなんていうものは、利用する人がそれぞれのニーズで、好きずきに利用すべきものだからです。

夜景がきれいなところ、お店の装飾が豪華なところ、気取らないところ、格好つけたいところ、リーズナブルなところ、とりあえず一軒目のところ。

それをこちらから押しつけるなんておこがましい。

ただ、今回の事で一つ言える事は、

お客さまはホテルのレストランに、何をしに行っていたのでしょうか?ということです。


こんな事言ったら爆弾発言かもしれませんが、ホテルの料理の原材料費に、あまりお金がかけられない事なんて20年前、僕が料理人1年目にホテルで働いていた時から当たり前の事であって。

雑な言い方ですが、コストパフォーマンスに期待して行くなら、絶対に行ったらアカンところでしょう。

ホテルのレストランは、同窓会や、パーティー、結婚式、宿泊など、それ以外の目的で言ったらいいんです。

ホテルのレストランで働いてる人は、コストパフォーマンスを求める時、絶対に自分のホテルにはいかないでしょう。

それなのに、普段空いてるスペースや、人(コック、サービスetc)を有効利用させようと、バイキングをしなあかんようになって、しかも、集まりの場に少し料理でもぐらいな、軽い気持ちでやってたのに、必要以上に、味に期待されるし、原価はかけられへんし、じゃあ、名前だけ高級にしとくか、ってなってしまって。

そんなんが意外と、今回の事件の核心なんじゃないかと思います。


さて、本題です。

僕が言いたい事は、ホテルの批判でも、皆様の批判でもありません。

一人ひとりがもっと、自分自身の価値観に自信を持って、自分なりのものさしを持ったらいいんです。

味?値段?サービス?雰囲気?スピード?

そんな一つ一つの細かい項目についてじゃなくて、先に言いました、食事を楽しむということについて。

すべてを満たしてくれるところがあったら、それはそれで何よりですが、今回の件で皆様がなんとなく思ってはる、ホテルのレストランや、高級店への絶対性は、多少は崩れたんじゃないでしょうか?

今日はどんな気分か自問自答して、

多少値段がはっても、ゆっくり味を楽しむ日なのか、
早く食べてさっと帰りたいのか、
味はそこそこでも、雰囲気の良いところでゆっくり話をしたいのか、
安くて腹一杯食べたい日なのか、

それを、すごく大変かもしれませんが、自分の足で目で舌で、それの一つでも満足させてくれるお店を、街場で探していけばいいじゃないですか。

そして今、街場のレストランでは、もちろん何の努力もしていないところも多いでしょうが、それと同じくらい多くのレストランが生き残りをかけて、店の英知を絞って、しのぎを削っていると思うんです。

もちろん、シェヨシもその中の一つに入っていると信じています。

そんなシェヨシの英知を結集した、ひとつの証明であります、『シェヨシ12月特別コース』のご案内、そろそろ届くと思います。


今年1年の締めくくりに、是非、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/02(月) 23:33:46|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。